トップ

歯科アシスタントの仕事

歯科治療中の作業

仕事内容

歯科診療中のバキューム操作

歯科治療中に、口の中にたまった水を吸う器械をバキュームといい、診療しながら一人で操作する場合と、アシスタントなどに補助してもらう場合があります。目的は、たまった水を吸うことの他に、頬粘膜や舌、唇を押さえることにより、治療部位を見やすくすることにあります。また、歯科治療中に歯を削るときなど、粘膜が巻き込まれないように押さえる意味もあります。バキュームの先端にはゴムのチップが付いており、口の中に入れる部位によって向きを変えます。患者が痛くないように、適切な角度で、優しく当てるようにします。口の中にたまった水を吸うときは喉の奥に入れすぎないよう注意を払ってすばやく吸いとります。

治療に欠かせないバキューム

歯科医師が治療をする際に、欠かすことができない機具のひとつがバキュームです。これは治療を行いやすくするために、口内に溜まった唾液を吸い出してくれる機具で、医師またはアシスタントを務める衛生士が操作します。歯科治療を行っている際に、口内に唾液がたまってきてしまうと、治療を受けている人が口を動かしてしまい、治療がスムーズにできなくなってしまいます。そのためバキュームによる唾液の吸引が随時必要になります。医師は患者の口内状況を確認しながら、治療をスムーズに行うために、適宜唾液の吸入を行っているのです。

↑PAGE TOP