トップ / インプラントと入れ歯の差

インプラントと入れ歯の差

快適なインプラント

仕事内容

インプラント治療は負担も少ない

インプラント治療とはチタンで出来ている人工歯根を顎の骨に埋め込む治療で、天然の歯と同じような歯を手に入れることができます。1本から失った歯の部分の治療を行うことが可能で、審美性だけではなく機能性においても大きな利点のある治療です。入れ歯やブリッジ治療のときでは、残っている歯を削ることは必要なく、他の歯が失った部分の歯の負担を受けることが懸念されていましたが、インプラント治療では他の歯への負担をかけることなく治療ができます。顎の骨としっかりと結合させる治療法になりますので、しっかりと噛むことができます。

インプラント治療と骨の増量手術

インプラント治療では2回の手術が必要になると言いますが、この回数はあくまでも顎の骨の量が適量の場合での話です。人工歯根は骨と結合する役割を持つパーツで、この人工歯根を埋め込む手術が1回目となり、2回目の手術は人工歯根と義歯を取り付けるための接続パーツと義歯を取り付ける手術が行われます。しかし、骨の量が適切ではない場合は、人工歯根を埋め込む事が出来ないため、最初に骨の増量手術を受ける事が必要になります。そのため、骨の量が少ない場合は、インプラント治療と骨の増量手術の計3回が必要になると言われています。

↑PAGE TOP