トップ / 歯周病の症状と対策とは

歯周病の症状と対策とは

歯周病の怖さとは

仕事内容

歯周病は早期の対処が重要

歯周病は口腔内に存在する常在菌のバランスが崩れて引きおこる炎症を伴う症状です。初期はプラークが溜まることで歯肉炎などの炎症を起こすことから始まり、その状態を改善せずに慢性化していく事で歯と歯茎の間の歯周ポケットという溝を深くしてしまいます。悪化すると次第に歯槽骨を破壊して歯が上手く支えられなくなってしまいます。原因には適切でないブラッシングや食生活、禁煙や薬の副作用などとされています。近年ではこういった歯周病の治療は進歩しておりメンテナンスを受けるなどすれば事前に予防できたり対処することが出来ます。

歯医者の保険診療適用と不適用

歯医者の保険診療では、あまり綺麗な歯並びになるとはいえません。若干黄みがかった色になってしまいますので、あまりよい印象を抱きません。しかし、それでも保険診療を基本線と考えるべきでしょう。インプラント治療などは高額です。なぜこちらを進めるのかといえば、利益が大きくなるためです。勿論、歯医者の誰もが利益のためだけに動いているわけではありませんが、あまり勧めすぎる医師は適切な医療を提供しているのではない可能性もありますので、判断基準としても保険診療について考えていくことが大切といえるでしょう。

↑PAGE TOP