トップ / 近年の歯科の問題について

近年の歯科の問題について

歯科医師免許を得る

仕事内容

これから歯科医になるには

歯医者さんに成るには、国の試験に合格し、国家資格である歯科医師免許を得なければならない。2014年の試験では、大学新卒2241人が受験して73.3%が合格、既卒959人受験で39.9%が合格、合計2025人63.3%が合格した。しかし、近年の歯医者過剰事態を受け、国の方針で国家試験合格は年々難しくなってきている。その結果、一部の私立大では入学試験の定員割れが起き、大学側はイメージ向上のため合格率維持を図り、444人が願書を出しながら受験しなかった。また受験できても合格出来るのは60%強しかなく、歯科医師になっても過剰問題は続くので前途多難である。

国家試験の合格率について

歯医者になるには、歯科医師国家試験に合格して免許を取得しなければいけません。年に1回実施され、その合格率は近年6割以上となっており、これだけ見ると簡単な試験と思われるかもしれません。しかし、基本的に歯学部を卒業しているか卒業見込みでないと歯科医師国家試験の受験資格を得る事が出来ないので、歯学部でしっかり勉強した方でないとそもそも受験する事が出来ません。それに合格率は高くても試験内容はとても難易度が高く、誰でも簡単に合格できる試験ではありません。歯医者さんは当然この試験に合格していますので、安心して治療を受けられるという訳です。

↑PAGE TOP