トップ / 歯科の診療補助の仕事

歯科の診療補助の仕事

歯科衛生士とは何か

仕事内容

歯科衛生士の仕事内容

歯科衛生士の仕事内容は主に、診療補助、予防処置、保健指導、の三つになります。診療補助の内容としては、患者誘導や、ドクターへの器具の受け渡し、患者さんの口の中にたまった水を吸うバキューム操作、歯科材料のセメント練和など、治療がスムーズに行えるように補助します。使用後の器具の洗浄、滅菌なども行います。予防処置とは、歯垢や歯石の除去を行うことで、虫歯や歯周病を予防します。保健指導では、ブラッシング指導や食生活の指導などを行います。その他、電話応対や会計など、医院によっては受付業務を行う場合もあります。

歯医者の仕事内容を把握

人間が生きていくのに必ず必要なのが、お医者さんです。歯科に内科、外科や精神科、脳外科や小児科など、色々な種類の医者がいます。その中でも、お馴染みなのが歯医者さんでしょう。街には必ずありますし、新しく開業する歯医者が次々とあります。仕事内容としては、虫歯や歯周病などの歯や歯茎の疾患の治療、歯石の除去や親知らずの抜歯、入れ歯や義歯の作成です。歯や歯茎の治療以外にも、あごや口の中、舌に関する病気も診察しています。さらに、ホワイトニングや矯正、最近ではインプラントを行う専門の歯科医師もいるでしょう。助手や衛生士、技工士などの専門の資格を取得して、働く人もいます。

↑PAGE TOP